フレンチブルドッグのやんちゃなOREOとこれまたやんちゃなZENONのボチボチ更新の日記
 Copyright © OREOとZENONのボチボチdiary All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2012/04← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2012/06
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

オレたま

Author:オレたま
OREO  
2007年6月30日生まれ 
フレンチブルドッグ ブリンドルの♂ 
体重13キロ。
性格:めっちゃヤンチャでスケベ。 ワンコよりも人間が大好き。

ZENON 
2008年3月10日生まれ 
フレンチブルドッグ フォーンの♂ 
体重15キロ。
性格:めっちゃヤンチャでビビリ。 人間よりもワンコが大好き。

大阪在住 お友達募集中♪




FC2カウンター




OREO&ZENONが生まれて♪




最近のコメント




最近の記事




グーバーウォーク




リンク




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




月別アーカイブ




クリック募金




QRコード

QR



RSSリンクの表示




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




xxINFOMATIONxx
  • RSS
Welcome to OREOとZENONのボチボチdiary !!
フレンチブルドッグのOREOとZENONの日常を綴ったブログです。
スポンサーサイト 
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) * Page top↑


☆ZENON・・・ごめん・・・☆ 
2012/05/08 /23:43
ゴールデンウィークに入ってすぐの4月30日、ZENONの様子が少しおかしくて、なんか元気がない様子だった。

でもその時はあまり気に留めず、そういう時もあるかぐらいにしか思わなかった。

次の日の朝、いつもご飯の時は伏せをしてから「よし!」の掛け声でご飯を食べる2BUHI。

この時ZENONの伏せがいつもと違う感じで、後ろ足を横にして、お姉さん座りみたいな形でしか出来なくなっていました。

なので休みで家にいた旦那にこの事を話した。

旦那がZENONの背中から腰のあたりをモミモミ、するとZENONが腰のあたりで「キュ~ン・・・」と少し痛そうな声を出した。

これは大変と思いすぐに病院へ。

病院で触診してもらい、やっぱり腰のあたりを触ると泣きはしなかったんですが、気にする様子。

でも歩く様子などを見たら全然普通、なのでこの日はヘルニアの可能性はあるけど、しばらく安静にしてたら大丈夫でしょうと言う事

でお薬をもらって帰りました。

そして次の日の5月2日昼間はまだいつも通り、でも夜になると急にZENONの息が荒くなり、22時頃には完全に後ろ脚が動かない

状態になってしまった。

かかりつけの病院はもう閉まってたけど、先生の携帯に連絡し、すぐに箕面にある動物救急病院に行くように言われました。

そして24時前に病院に到着し、すぐに診察してもらいました。

もうその頃にはZENONは激しい痛みの為「ぜぇ~ぜぇ~!」して体温が上がり熱中症寸前でした。

後ろ脚も触診してもらい、痛覚の検査をすると、まるで反応がない状態だったので、先生に「椎間板ヘルニアⅠ型のグレード5

手術が成功しても歩ける様になる可能性は低い。」と診断されてしまいました。

しばらく涼しいとこに入れてもらったあと、CTを撮ってもらいました。

結果は、第2、3、4腰椎に異常があり、なるべく早く手術が必要との事。

かかりつけの病院の先生にはCTを撮ってもらい、どこが悪いのかさえ判明すれば、次の日の昼頃からでも手術は出来ると

言われていました。

救急病院で手術するより、かかりつけの病院でする方が断然お値段も安いんですが、なるべく早い手術が必要やし、

もう少し早く連れて来てあげればこんなにヒドクもならなかったやろうし、これ以上痛みを我慢させるのは絶対嫌でした。

なのですぐに手術をしてもらう事にしました。

手術は午前4時ごろに始まりました。

うちはイオリとリュウト、小さい子が二人いるので、一度私の実家が近いので、実家に行き、イオリだけ寝かせてもらい、

それ以外がず~っと病院にいました。

リュウトの方は母乳が必要なので、車のチャイルドシートで寝かせ時々様子を見に行っていました。

そして手術が終わり、麻酔が覚めて落ち着いたのが、午前10時半頃でした。

手術は無事に終わり、先生にお話を聞くと、グレード5と診断したけど、体を開いてみて、神経を見るとまだ全然綺麗な色

をしてたので希望はあるとの事。

あとはZENONの回復力に期待しましょうと言われました。

これを聞いて、まだ麻酔が効いてたのかボ~っとしてましたが、ZENONの顔を見た時はほんまにホッとしました。

でも今考えると、なんでもう少し早くCTを撮ってもらい、原因を突き止め、早めに手術すればこんなにツライ思いは

させずに済んだんじゃないか・・・と後悔ばかりしています。

旦那も「早く連れて来てあげたらよかった・・・可哀想な事した・・・。」と言っていました。

ほんまにほんまにごめん・・・ZENON・・・



ZENONは3日間だけ入院して、今はお家に帰って来ています。

食欲はあるし、ちゃんと歩けない以外は以前のZENONに戻って来ています。

これからはもう一度元気にお散歩出来るようにリハビリを頑張ろうと思います。


IMG_8654_20120508233543.jpg


フレンチブルドッグがいっぱいおるでぇ~ランキング参加中ここをポチッとクリックお願い~
                   
                 
                 

フレンチブルドッグひろば     
  
  ここもお願い
                  
     
      
                 
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
スポンサーサイト
未分類 * Trackback(0) * Comment(22) * Page top↑




xx HOME xx


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。